詐欺まがいの投資顧問業者も存在する?

詐欺まがいの投資顧問業者について考える女性投資家にとって心強い味方になってくれるのが投資顧問会社です。
投資顧問会社はSQIジャパンが運営する株マイスターなど、様々な会社があります。
どこの会社を利用しようか迷うこともあるでしょうが、注意したいのが悪徳投資顧問会社です。

数えきれないほどある投資顧問会社の中には、詐欺まがいの営業を行う投資顧問業者が存在しています。
もちろん優良な投資顧問会社も多いですが、お金を払ったら急に連絡が取れなくなってしまうような会社や、わざと損するような銘柄を紹介してくるような会社があるのも現実です。
こういった詐欺まがいの投資顧問会社をどのようにして避けるかが重要になります。

悪徳業者を見極めるためにまず見ておきたいポイント!

投資顧問会社を選ぶ時に、悪徳業者かどうか見極める上でまずチェックしておきたいポイントがあります。
それは、投資顧問業者登録をしているかどうかです。

日本で投資顧問業を行うには、投資顧問業者登録が義務付けられています。
そのため、投資顧問業者登録をせずに営業している業者は、すべて悪質な投資顧問というわけです。
正式な手続を踏まず営業している業者は、何かしら問題があると考えてよいでしょう。

投資顧問業者というのは、免許制のビジネスになっているので必ず資格が必要になります。
資格を持っていない業者でも、サービスの質が高く一見優良業者に見えるような業者もあるかもしれません。
しかし、資格を持たず営業するというのは法律違反なので、そういった業者を利用するのは避けたほうがよいでしょう。

悪徳業者の特徴を知っておこう

悪徳業者にはどういう特徴があるのか知っておくことも大切です。
特徴が分かれば、投資顧問会社を選ぶ時に悪徳業者かどうか見極めやすくなります。

問い合わせの反応が悪い

電話などで問い合わせをした時、口調が荒かったり説明が適当だったり、受け答えがはっきりしないような業者には注意しましょう。

偽の投資実績を出している

自分の会社をよく見せるために、嘘の実績を書くというのはよくある手口です。

誇大広告を出している

他の業者に比べてあきらかに高い利率を売りにしていたり、100%損しないと広告しているような業者は悪徳業者の可能性があります。
どんなに実績の投資顧問会社でも、100%損しないというのはありえません。

根拠のない推奨銘柄情報

銘柄を紹介してきた時に、なぜそれがおすすめなのかしっかり説明してくれない業者には注意が必要です。